最新事例

中野区B先生

新宿区ワンルームマンションの入居者が家賃を払わなくなってすでに20年近くなる、ポストを除くと別人の手紙らしきものがある。付き合いのある不動産業者に相談したが対応してくれない。弁護士の先生にも相談した。

私の提案

長期滞納のケースは、転貸が行われ本人、連帯保証人がすでに転居していることが考えられ、さらに場所柄反社会勢力の関係者も考えられるのでまず状況により問題解決の費用が大きく変わるので、まず行動の前に調査を2か月程度行いそのうえで解決方法と解決費用を提案しますのでこれで判断いただきたい旨提案しました。

すべて任せるということで調査契約を結び調査を開始いたしました。

数か月かかりましたが幸い本人にお会いでき鍵も回収し、無事解決の運びとなりました。

杉並区A先生

都心部のビルを売りたいようです。あまり進んでいないので所有者と会ってくださいと紹介を受けました。

私からの提案

都心一等地ですがビルが古く解体が必要、テナントがおりこれをどうするかも検討する必要あり、また所有者の経営する会社は大半を使用しておりこの転居が必要だとわかり、まず一番重要なことは、所有者の経営する企業の移転先を見つけることが最重要と考えますので、移転先探しと売却先交渉およびテナント交渉総合的にコントロール必要があると判断し一括して行うことを提案しました。

この際通常の賃貸売買の仲介のほか要請があれば売主の立場で全体を調整する総合コンサル(相手との交渉含む)を提案しました。

仲介だけ、交渉事務代行だけ、相談だけなど依頼者の立場で依頼しやすい内容のサービスプランを提示しました。様々なお付き合いから分離発注せざるを得ないが全体調整も行わなければならない場合を想定して提案しました。

私の専門は都心部のビル売買専門会社の出身ですのでビル売買は簡単ですがその他の問題の整理に時間がかかり、すべて完結まで1年ぐらいかかりますと報告しました。

杉並区B先生

借地権の更新が迫っている、できれば借地権を買戻し所有権にしたほうが望ましいとお勧めしているお客様がいると紹介いただきました。

私からの提案

詳しく調査し借地権の更新料の交渉、借地料の値上げ交渉、買戻し交渉を一括して行うことを提案ただし内容は簡単ではないため最低3か月から1年程度かかりますと報告しました。また交渉に当たり相手方が合意できる可能性が高い案を事前に準備することがたいへん重要とお話ししました。

知人間売買

知人間で売買したいが前面道路が私道で通行承諾を取得してほしいとの依頼が不動産会社さんの紹介で相談がありました。20件近い所有者と期間が1か月という短期間を希望されていました。

私からの提案

依頼者様など関係者の全面協力が得られることを条件として短期間に取得をしましょう。また通行掘削承諾の重要性なども説明しました。理解納得の上依頼があり幸い全員から取得でき取引が成立し大変喜んでいただきました。