不動産売却専門のグローリーハウス

トップ > コラム >  中古マンションはリフォームはしないと売れない?

中古マンションはリフォームはしないと売れない?

※写真はイメージです。

中古マンションの売主さんの心配にはリフォームしないと売れないのか?という問題があります。今回はリフォームしないでも売れる場合とリフォームしないと売れない現場実態についてお話しします。
 
売れる売れないといっても様々な条件によって変わる
売れるか?売れないか?と言っても前提条件によって大きく変化します。
極端なことを言えば安ければ売れるし、高ければ売れません。
重要なのは前提となる金額や室内の様子です。
 
売れない場合①
汚いのに普通の値段つまり買って住む人にとって汚いので買ってもすぐ住めません。住宅ローンで購入し、さらにリフォーム工事代金支払わないといけません。
つまりリフォーム工事期間中は代金を支払って住宅ローンを支払っているのに住むことができません。
これでは売れませんね。
売買代金にリフォーム費用を追加で支払わないといけない。
 
売れない場合②
汚いものが大嫌い金額の問題でなく汚いので買う気がなくなる人
 
売れる場合
リフォームを買い主さんでできる人・リフォームが好きな人に売る場合でリフォーム金額を考えても安い場合には売れるでしょう。
リフォーム金額はすべて行うと工事費だけで広さの10倍例えば60㎡なら600万円くらいかかります。これにリフォーム設計代金や諸経費で300万円くらいですので1000万円くらいはかかります。
 
何が売主さんのとって有利なのか?
中古マンションの売り方は様々です。どんな条件での売却が売主さんの希望や事情を考えて有利なのかは売主さん一人一人大きく異なります。
いくつかの選択肢を検討して総合的に売主さんと相談して決定すべきことでしょう。
 
プロ売主さんは先に完全リフォーム
プロ売主さんは高く売るために大金がかかっても先に完全リフォームをして最高の状態で売ります。
 
現地無料売却相談である程度判断できる
中古マンションの売却は現場を見ないと判断できません。現場での
売却相談を行えばある程度判断できます。

Top